電子タバコのメリットとは!?選ぶ際のポイントも解説


フレーバー入りの液体を使用

電子タバコとは、ニコチンが入っている液体を蒸気にして吸い込むための機械です。見た目が似ていることから、しばしば紙巻たばこに火を付ける加熱式と混同されがちですが、使用するのはあくまでも液体です。そしてタバコとして含まれている成分はニコチンが主で、タールはまず入っていません。そのため臭いが少なく済んだり、歯や喫煙スペースへの着色の心配がないというメリットがあります。また液体にはフレーバーといって様々な香りが付けられています。そのバリエーションは定番のメンソール系やフルーツにスイーツなど幅広いため、好みの香りを見つけられる可能性が高いです。

色々ある液体の補充方法

電子タバコは基本的に液体がなくなったら、補充をする必要があります。その補充方法の違いにいくつかのバリエーションがあり、スタンダードなタイプだと本体にそのまま液体を注入します。それとは別に液体が入るタンク部分が交換できるタイプもあります。こちらはあらかじめ液体が注入してあるタンクを別で用意しておいて、使用時に補充する手間を省いたり、複数の液体の種類を簡単に切り替えられるのが強みです。

また液体が入ったカートリッジが使い捨てになっているタイプは、すでに注入してあるものを購入するため、注入作業そのものが必要ありません。その他にはカートリッジ部分だけでなく、全体が使い捨てになっているタイプもあります。補充方法の違いは使用の手軽さにも繋がるため、液体のフレーバー選びと同じくらい重視しましょう。

pod型vapeは形状がいろいろありカラーデザインも豊富なため選ぶ楽しみがあります。また、フレーバーの種類も多いため飽きることがありません。